クラミジアの在宅治療法

感染したら誰にも知られたくないのが性病です。
その性病の中でも最も感染しやすいクラミジアを自宅で治せることをご存知でしょうか。
ここではクラミジアの在宅治療法をご紹介します。

その方法は非常に単純です。
クラミジア治療薬を取り寄せて、自宅で服用するだけです。
ですが、このクラミジア治療薬は一般的な通販では購入することができないため、個人輸入という形で海外から取り寄せる必要があります。
そのため「難しそう」「面倒くさそう」と敬遠する方が多いようです。

しかし、実際にやって頂くと分かりますが、海外からの個人輸入と言っても難しいことは一つもありません。
インターネットの普及により、個人輸入代行サイトがいくつもあり、これらを利用すれば国内の通販サイトと大差ありません。
「いつもより時間がかかる通販」程度のものですので、難しく考えずに利用してみましょう。

さて、実際に購入するクラミジアの治療薬はクラビットかジスロマックという医薬品です。
クラビット、ジスロマックともに泌尿器科などの専門医で処方される医薬品で、クラミジア治療の基本中の基本的な薬として知られています。
どちらも細菌による感染症の治療薬です。
クラミジアに限らず、大腸菌、レジオネラ細菌、マイコプラズマ細菌など様々な細菌に効果があるため、食中毒や肺炎などの治療にもしばしば用いられます。

ジスロマックはクラビットに比べて一度に服用する錠数が少なく済みますが、やや高額のが難点です。
逆にクラビットは安価なため、どちらかというとクラビットの方が利用されやすい傾向にあります。
最もおすすめなのはクラビットのジェネリック医薬品で、非常に安価なのが魅力です。

クラビットのジェネリック医薬品にはレボフロックスやレボクインといった医薬品がありますが、これらは製造メーカーと販売価格が異なるだけで、どちらもクラビットと同等の効果を持つクラビット治療薬です。
中でもレボフロックスは得に安価なため非常におすすめの医薬品です。

ほとんどの個人輸入代行サイトで服用方法まで紹介されていますので、薬が届いたらその通りに服用するのみですので難しいことはありません。
逆に服用方法が記載されていないサイトは、価格が安かったとしても利用しない方がよいでしょう。

もし個人輸入を利用してクラミジア治療薬を取り寄せるのであれば、少し多めに取り寄せることをお勧めします。
日本人の10人に1人はクラミジア経験者と言われていますので、どこで感染するか分からないため、予備として持っておくとよいでしょう。